前へ
次へ

キッチン収納リフォームで必要な食器量を確認

キッチンをリフォームするときにはキッチン回りの収納も変更しようと考えるでしょう。
リフォーム自体は簡単なものなら1日から2日ぐらいで終わりますが、まずは今ある食器や調理器具をすべて別のところに保管する必要があります。
当初はすべて入った状態で収納プランを考えるでしょう。
今収納されているものを同じように収納すると想定して新たな収納を検討しますが、いざ棚などから取り出すと不要な食器が奥の方から出てきます。
何年前に買ったのか分からない汚れた食器や焦げて使わなくなった調理器具、何かでもらった大皿などおそらく将来使わない物が入っています。
必要ないものはどんどん処分します。
そして無事リフォームが完了して収納に食器を戻すと意外に簡単に終わってしまうかもしれません。
そして収納にかなり余裕があるのに気づきます。
捨てた食器も想定して用意しているので、無駄に大きい収納になる可能性があります。
収納が小さくて済むならその分居室が広く取れるので、リフォーム前は食器などの確認をしておいた方が良かったかもしれません。

Page Top